リースの由来・飾り方

リース



リースの由来 - プレゼントにも最適 -

季節にかかわらず、おしゃれなインテリアやプレゼントとしてリースを利用する方が増えています。

リースはその円を描く形から、「終わりがない」「永遠」を意味するとされ、縁起の良いものとしてヨーロッパや北アメリカで古くから親しまれてきました。

幸福や幸運を呼び込むと言い伝えられ、お守りとしても使われてきたリースは、大切な方への贈り物としてもぴったりです。

結婚や出産のお祝い、新築、開店、進学、就職祝いなど、新たな門出を祝うプレゼントして。
また、母の日や父の日、バレンタインやホワイトデー、クリスマスなどの贈り物としてはもちろん、還暦祝いや退職のお祝いなど、様々なシーンでご利用いただけます。







リースを飾る場所・飾り方

宗教的な意味合いもない日本では、リースを飾る場所や飾り方に、特に決まりはありません。

季節やイベントに合わせて好きな場所に飾り、自由に楽しむのがおすすめです。

<飾る場所の例>



・リビング(壁・飾り棚・シェルフ・飾り椅子など)
・玄関(壁・下駄箱の上など)
・玄関ドア内側(振動に負けない丈夫なアートフラワーが無難)
・玄関ドア外側(丈夫なアートフラワーまたは生花が無難。風雨や直射日光を避けてください)
・寝室(お気に入りのお花でリラックスした時間を)
・トイレ(日当たりのない狭いスペースでも、プリザや造花のリースなら、かわいくディスプレイできます)



<飾り方の例> 〜 壁を傷つけない方法 〜



・壁にピン跡がつかない画鋲を使って(ニンジャピンなど)
・リース用ドアフックを使って
・強力マグネットフックを使って
・貼ってはがせるフックを使って(コマンドフックなど)
・吸盤付きフックを使って
・リーススタンドにかけて